RSS
magnify
Home イベントレポート 【報告】「地域発!コミュニティの伝えるチカラを引き出す広報スキルアップ連続講座 第2回を実施しました
formats

【報告】「地域発!コミュニティの伝えるチカラを引き出す広報スキルアップ連続講座 第2回を実施しました

2013年11月26日、石巻のみやぎ生協文化会館アイトピアにて、「地域発!コミュニティの伝えるチカラを引き出す広報スキルアップ連続講座」の第2回を実施しました。

 

この連続講座は、情報発信や広報(広報誌や新聞の制作、Facebookやブログでの発信等)に携わる復興応援隊、地域支援員等の皆さんを対象としたもので、全3回の連続講座を通して「話を聞く→整理する→共有する」というプロセスを学ぶものです。

 

当日は、応援隊18名、支援員3名、その他復興支援団体関係者2名の計23名の参加を得て実施されました。


 

2回目となる今回の講座は「Vol.2組むチカラ」と題して、一般社団法人メディアデザインの真山正太氏に、広報物や印刷物作成に大切なデザインレイアウトの基礎を講義していただきました。

 

メディアデザイン 真山氏

 

 

真山氏からはデザインの前段階として、「伝えたいことを、見て楽しむことにつなげる大切さ」や「どうやって伝えるか」を考えた上でデザインに取り掛かる必要があるということを伝えて頂きました。続いて、デザインに必要な項目である「文字」、「図版」、「イラスト」、「写真」の基本的なレイアウトの考え方と扱い方を、印刷物を提示しながら説明をしていただき、受講生はうなずきながらメモを取っていました。

 

これらを踏まえ、提供された印刷物を見て、デザイン上で違和感を持ったところを4名のグループメンバーと共有し、気づきを話し合うワークが行われました。その後、より見やすくデザインされた同じコンテンツの印刷物が配付され、それを見て改めて気づきを共有しました。

 

また実際に応援隊が現在手掛けている広報物について、他の参加者からポストイットを用いてコメントをもらうグループワークも行われました。各グループでは学んだ内容を活かして議論をしながら、作成者に貢献するコメントを残していました。

 

ワークの様子

受講者が記入した振り返りシートには、「デザインの基礎を学べた」、「自分の感覚で書いていて、正しかったことと誤っていたことがあったと気づくことができた」、「ブログや仮設住宅の方に配る広報物に活かしていけたらいいと思う」、「より多くの人に興味を持ってもらえるようなチラシを作っていきたい」等の感想がありました。

参加者のアンケート集計結果は下記参照ください。
広報講座第2回 アンケート集計結果

次回はシリーズ最終回となります。

来年1月16日は「Vol.3届けるチカラ」と題し、Vol.1に登壇していただいたミライトスの鈴木圭介氏に情報発信について講義いただきます。

今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
No Comments  comments 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>